S-105

コロンビア ミラン カルチャリング メイポップ イクスペリメンタル ミドルロースト

Colombia Milan Culturing Maypop Experimental Middle Roast

  • 商品詳細説明

2023 年 7 月 30 日 在庫希少!数量限定発売!

店頭 15:30 ~ 通販 19:00 ~


実験的な新しいプロセス。5周年のイベントとしてテストリリース!思いきったお試し価格でご提供!

Culturing Process – カルチャリングプロセスとは発酵プロセスの1つでヨーグルトの発酵などに使用されています。

元々生物学者である農園マネージャーJulioの娘さんの提案から、このカルチャリングプロセスをコーヒーの精製方法に活かせないかと実験的にスタートしました。

今回のカルチャリング Maypop は、シトラスフルーツとパッションフルーツをスターターカルチャーとして使用。

カップコメントとしては、ホックリ感とシトラス感が共存しているのがとてもユニーク。

温かい時はパッションフルーツやリンゴを思わせる果実感、少し冷めてくると乳酸やカシュナッツのようなほっくりとした質感や黒糖のような甘さがグンと上がってきました。

中煎りですがシトラス感があるのでよりスッキリと感じられるかとます。エイジングが進むと円さや甘さが上がってきます。


Milan 農園のCulturing Process

人の手によって丁寧に収穫されたコーヒーチェリーは、まずフローティング選別によって密度の違いによってチェリーに紛れ込んだ草木や過熟チェリーを分けます。

良いチェリーだけが密閉タンクに移され、3〜5日間嫌気性発酵されます。同時に別のタンクではスターターカルチャーとしてシトラスフルーツとパッションフルーツを発酵させ酵母環境を整えます。

酵母環境にチェリーを投入し十分に発酵させた後、チェリーは一度洗浄されてパーチメントコーヒーになり、再びスターターカルチャーと混合してタンクで3〜8日間発酵させられます。

発酵が終了すると、乾燥の工程に移りパラボリックスという吹き抜け式の乾燥ベッドで約8〜10日間均一に乾燥させます。乾燥が終了した後は、パーチメントのついた状態で保存されます。


Name :
Milan Culturing Maypop Experimental
Country :
Colombia
Area :
Risaralda
Plantation :
Milan
Altitude :
1,500m
Variety :
Castillo Naranjal
Refining :
Culturing
Grade :
Specialty

カートに入れた段階ではまだ在庫を確保できていません。決済完了にて在庫確保となります。


100g 袋
豆 or 粉
在庫状況 : 売り切れ
¥2,600 ¥1,650(税込)
  SOLD OUT  
200g 袋
豆 or 粉
在庫状況 : 売り切れ
¥5,200 ¥2,850(税込)
  SOLD OUT  
400g ( 200g 袋×2 )
豆 or 粉
在庫状況 : 売り切れ
¥10,400 ¥5,300(税込)
  SOLD OUT  

SALES RANKING


  1. Brazil
    Guariroba Geisha
    Natural Fermentation Sundried
    Light Roast

  2. Rwanda
    Musasa Bourbon Honey
    Light Roast

  3. Indonesia
    Simalen Rosemary Infused Wet Hulled
    Light Roast

  4. Brazil
    Guariroba Arara
    Natural Fermentation Sundried
    Citrus Spicy
    Light Roast

  5. Ethiopia
    Bench Maji Gesha Karmachi
    Anaerobic Natural
    Dark Roast

  6. Colombia
    Thermal Shock Farmentation
    Washed Raspberry
    Light Roast

→ MORE BEANS